Flower Life Stylist

Qualification 資格認定

花の持つ魅⼒を最⼤限に活⽤し、より多くの皆様に豊かな社会⽣活を実現していただくための資格認定制度を設けております。
また各々の資格認定を受けるために各資格ごとに講座を開催しています。

フラワーファシリテーター Flower facilitator

フラワーファシリテーター(FF)とは

⾼齢者福祉としてのフラワーアレンジメントを活⽤したアクティビティ(フラワーアクティビティプログラム(FAP))を運営する⽅(フラワーファシリテーター(FF))を養成するための資格です。
超⾼齢社会を迎える中で、花を通じてお年寄りの笑顔と元気を引き出すことができるスキルを⾝に付けていただきます。
資格を取った多くの⽅は、介護施設や公共の⾼齢者福祉施設等でボランティア活動に従事しています。
健康⻑寿社会を実現したいという社会貢献意欲をお持ちの⽅におすすめの資格です。

フラワーアクティビティプログラム(FAP)とは

我が国の⾼齢化は世界に類を⾒ないスピードで進んでおり、2025年には3⼈に1⼈が65歳以上に達する⾒通しとなっています。この超⾼齢化社会において、地域における医療や介護サービスの充実に加え、趣味などの活動(アクティビティ)を通じた⼼⾝の賦活ならびに他者との交流を⽣む地域コミュニティの⽀援が重要な地域福祉のテーマとなっています。それがお年寄りの引きこもり予防、介護予防につながる、と考えられています。
そこで私たちは、2006年から専⾨機関との研究活動を通じ、お年寄りに花を使った楽しみを提供する『フラワーアクティビティープログラム(FAP)』を開発いたしました。

フラワーアクティビティプログラム
プログラムのポイント

プログラムのポイント

「素材」、「コミュニケーション」、「作業」それぞれに特徴を持ち、それらが相互に影響しあうよう⼯夫されたプログラムです。
素材
季節の花(⽣花)を素材と使い、⾊・⾹り・触感など五感に働きかける感覚刺激に優れている。
コミュニケーション
仲間同⼠、ファシリテーターとの交流を通じ達成感、満⾜感を得ることができる。
作業
花を切る、形作る、といった⼀連の作業を通じ、脳ならびに⾝体の機能を活⽤する。
“真に豊かな⻑寿社会”を実現するために、地域における⾼齢者の福祉に花を通じて貢献してまいります。

FAPのメリット

1.プログラムの対象者について
プログラムはご⾼齢者に適した内容となっていますが、ご家族や施設のスタッフの⽅も一緒に参加していただけます。
2.実施内容について
まったく初めての⽅でも楽しめる内容です。季節の花材(⽣花)をふんだんに使⽤したニューを組み⽴てます。
3.実施場所について
天候、気候に関わらず室内で実施ができ、特殊な設備等は不要です。
4.フラワーファシリテーター(⽀援者)について
当プログラムのファシリテーター(⽀援者)として、独⾃の養成講座でトレーニングを受け資格の認定を受けた⼈材が対応いたします。
5.お持ち帰り
お客様が制作した作品は、お持ち帰りいただけるようご⽤意いたします。
その後のお花を愛でる楽しみ、また周囲の⽅々とのコミュニケーションにつながります。
健康長寿
生活のメリハリを生み、
活力を高めることに期待が持てる。
脳の前頭葉前野を活性化
させることが期待できる。
他者との会話、
コミュニケーション機会が持てる。
飾る喜び、他人に見せる楽しみが
モチベーションをさらに高める。
楽しみながら、地震や達成感を
引き出す指導方法。
花に触れることで、癒し・安らぎを
感じることができる。
プログラムに期待できる
効果とメリット
FAPの⼯夫

FAPの⼯夫

花材、資材、⽤具の⼯夫
花材は出来る限り季節感を感じるものといたします。ただし、切りやすさ、挿しやすさ、トゲの有無など、安全性や衛⽣⾯にも⼗分に配慮し、必要に応じ講師が事前の下処理し、準備をいたします。
レイアウト、席順の⼯夫
参加者どうしの⼈間関係や参加者の⾝体の状況(視⼒・聴⼒・肢体など)を考慮したレイアウトを⾏ないます。特に講師との位置関係、距離感はポイントとなります。
接し⽅、話し⽅の⼯夫
参加者に不安を与えず、リラックスしてプログラムに参加してもらえるよう、話題、⽬線の位置、声のトーン、向き合う⾓度など細かい⼯夫をし、コミュニケーションのとり⽅に配慮しています。
メニューの⼯夫
メニューの中に、歳時記などにちなんだ作品を取り⼊れ、季節感を感じられるようにします。花を通じた⾃然な会話を引き出すよう、テーマ設定を⼯夫します。

研究活動について

第42回⽇本作業療法学会で発表
NPO法⼈⽇本地域⽀援機構が中⼼となり、フラワーアレンジメントのプログラムに参加することで、作業の前・中・後の脳の前頭前野における脳波がどのように変化をするのか、を測定する実験を⾏いました。

結果として、実験に協⼒いただいた述べ48名の⾼齢者のうち、65%以上の⽅の前頭前野が賦活したことがわかりました。この実験結果は、第42回⽇本作業療法学会(2008年6⽉、於⻑崎)において発表いたしました。
第43回⽇本作業療法学会で発表
当協会ならびに(株)⽇⽐⾕花壇により、協⼒を得られた同じ介護施設で暮らす6名の⾼齢者の⽅を対象に、毎週1回計12回のフラワーアクティビティプログラムに参加いただき、発⾔、表情、⾏動などがどのように変化していったかを客観評価による記録とアンケートによる主観評価を⾏いました。
フラワーファシリテーター養成講座

フラワーファシリテーター養成講座

この講座は、お年寄りに配慮した会話や進⾏の仕⽅、寄り添い⽅などのスキルを⾝に付けていただける講座です。基礎的なお花の知識をお持ちの⽅にお勧めします。

受講できるスクール⼀覧はこちら

装花技能士 Flower decoration skills

装花技能士とは

プロとして必要な商品制作現場のノウハウや商品制作ロジック、フラワーデザインと直結した理論や商品価値を⾼めるための関連知識など広範囲に及ぶ知識とスキルを保有した⽅に認定する資格です。
各段階では認定試験を⾏い、試験に合格いただいた⽅に資格認定を⾏っています。

資格取得までのルート

資格取得には以下の2つのルートがあります。

資格取得までのルート
FLS-装花技能⼠(Pro)
資格認定条件
FLS協会が開催する『装花技能⼠資格認定試験』を受験し、合格と認めた⽅
  • 主に、個⼈、⼜は法⼈内個⼈を対象とした資格取得ルートです。
  • 独習、独学、社内研修等を基本としておりFLS協会主催の講習会、研修等の参加、受講の有無は問わずに受験頂けます。
  • 受験申込みされた⽅向けのオプションサービスとして『装花技能受験対策講習会』を⽤意しています。(受講は任意。)
FLS-装花技能⼠(Sp)
資格認定条件
FLS協会が企業・団体・法⼈様単位で提供する研修カリキュラム(各 20単元)の受講と研修の最後に⾏う『修了試験』に合格された⽅
  • 企業・団体・法⼈様向けの資格取得ルートです。
  • FLS特任講師が企業・団体・法⼈様の社屋、指定場所等に出向いて研修を⾏います。
    (⼀開催5名様以上を基本としています。)
  • 20単元の研修受講により『装花技能⼠資格』の取得とともに、資格グレードごとにフラワーデザインの基礎から商品企画・提案等の応⽤⼒まで幅広いスキルと知識が⾝に付きます。
資格取得までのルート
フラワーファシリテーター養成講座

装花技能⼠養成講座

装花技術理論を体系的に学んでいただき、お客様の訴求や商品に対する満⾜度を⾼めるための知識や理論を⾝に付けていただく講座です。実務経験を通じて習得してきたスキルと理論を結び付けて考えることによって商品の完成度を⾼めていきます。また、装花技術理論による共通⾔語を保有することによってスタッフ間の相互理解を⾼めることができます。 ※葬祭事業⽣花装飾に従事する⽅を対象とした講座になります。

受講できるスクール⼀覧はこちら