ホーム資格認定フラワーファシリテーターの活動笑顔にスイッチ ~新年度のご挨拶~

資格認定

  • フラワーファシリテーター
  • FAPとは
  • フラワーファシリテーターの活動
  • 装花技能士
  • 装花ディレクター
協会へのお問い合わせはこちら

フラワーファシリテーターの活動

2016.12.15

笑顔にスイッチ ~新年度のご挨拶~

その他


◆笑顔にスイッチ◆
   FF運営委員会委員長 重田章子
 1月・参加者様の作品

「鬼は外、福は内」、無病息災を願いながら豆まきをして節分を過ぎると、暦の上では立春。
外はまだ寒さが厳しいですが、散歩する道すがら、木々の芽がほんの少し膨らんでいたり水仙の花の香りが漂っていたりすると、そこかしこに春の息吹を感じます。
 先日、すこし早い春をお届けしようと、チューリップやアネモネ、ストックを使って“春を待ちわびて”をテーマにFAPを行いました。参加者様の1人が、「今日は調子が悪く、とてもお花をする気分になれないので、欠席します。」とおっしゃいました。ご家族の方が、母はお花がとても好きなので、参加すれば気分も良くなるのでは?と思われ、お連れになりました。確かにいつもにこやかにしている方なのですが、表情も暗く、見るからに調子が悪そうで席につくなり、「今日はとてもじゃないけどお花をする気になれないのよ。」とおっしゃいました。そこで今日はこんなアレンジですよと、見本をお見せしたとたん、「あら~かわいい、春がきたみたい!」と、一瞬のうちに顔が明るく華やぎました。それからは、この花は何?この色きれいね、とお話が止まらず、終始笑顔で、楽しそうに過ごされました。最後にご家族の方がいらして、「やはり連れてきて良かったです」とご家族の方も笑顔になられました。花は人の気持ちを一瞬にして変えてしまう力があるのです。あらためて花のもつ力に驚かされ、花は人を癒し、元気にする力があると実感しました。2月の運営委員会でこの話をしたところ、他の施設でも同じようなことがあったとの報告がありました。FAPの活動をして今年で7年目になりますが、あらためて「花」や「緑」がいかに人々の心に潤いを与え、人々の生活を豊かにしているのかということを感じました。

 「花」そのものの力はさることながら、そこに私たちファシリテーターとのコミュニケーションが重なることで、より一層参加者様の心を元気に、そして笑顔にしているのではないでしょうか?花や緑があり、そこに人との触れ合いが重なることで、さらに人々の心を豊かにするものだと思います。参加者様からお預かりしている大切な1時間。楽しく過ごしていただけるよう日々精進しております。お部屋に戻られたら忘れてしまうかもしれない、それでも、楽しいと思う瞬間をたくさん積み重ねていけましたら幸いです。

 1月より新年度になり、委員長として2年目を迎えることになりました。昨年は、より多くの方に活動を広げたいという目標を掲げました。農林水産省の「国産花きイノベーション推進事業」を通して、FAPの活動が少し形を変えながらもますます求められ、ファシリテーターの活動の場が広がってきていると感じています。前期は新しいメンバーも加わり、少しずつ活動を広げることができたのではないかと思っております。
今年はより多くの会員の皆様と触れ合える機会をもつべく、情報交換のための交流会の開催を予定しております。少しでも多くの方々に活動に加わっていただけるよう努めてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

このページの先頭へ