ホーム資格認定フラワーファシリテーターの活動2018年 母の日イベント(多世代交流型)

資格認定

  • フラワーファシリテーター
  • FAPとは
  • フラワーファシリテーターの活動
  • 装花技能士
  • 装花ディレクター
協会へのお問い合わせはこちら

フラワーファシリテーターの活動

2018.05.20

2018年 母の日イベント(多世代交流型)

活動紹介


2018年
母の日イベント ~多世代交流型フラワーアレンジメントワークショップ~

フラワーファシリテーター   芝本 栄子

母の日を目前に控えた5月11日、毎月お伺いしているグレープスガーデン西新井に於いて近隣の清水保育園年長児と共に、翌日の「母の日コンサートに飾るお花を準備しましょう。」というテーマでイベントを開催しました。
私たちは、昨年の母の日、敬老の日、クリスマスとイベントの経験があり、毎回入居者様が15~18名、園児もほぼ同じ人数が参加されます。

入居者様と園児混成で3グループに分かれ、白いシールにFFが名前を書き胸に貼ってもらうと、打ち解けるための交流タイムでは、そこここで和やかな会話が始まりました。
白い大きなバスケットをグループに2個準備。カーネーションなど花材の説明から始まり手を切らないようにハサミに注意の頃には園児は待ちきれない様子です。
最初の長いアルストロメリアは入居者様、そのあとは園児と一緒にお花を挿していただき、あっという間に完成。

グループごとに出来上がった作品とテーマを発表しました。
その後、お招きのお礼ということで、園児から歌やことわざの披露があり、入居者様は皆可愛らしい園児の仕草にうっとりの楽しい時間となりました。
FFはハイタッチで園児をお見送り、「たのしかったー!」の生の声をプレゼントしてもらいました。

別れを惜しまれる入居者様は、玄関まで出てお見送りをなさっていました。また、席に残られた方はテーブルごとに会話が弾んでいて、余韻にひたっていらっしゃいました。
一時間という短い時間ではありますが、生花を介して多世代が交流できるイベントは、FFにとっても毎回やりがいがあり、学びの多い機会となっています。

このページの先頭へ