ホーム資格認定フラワーファシリテーターの活動フラワーファシリテーターの喜び

資格認定

  • フラワーファシリテーター
  • FAPとは
  • フラワーファシリテーターの活動
  • 装花技能士
  • 装花ディレクター
協会へのお問い合わせはこちら

フラワーファシリテーターの活動

2017.12.20

フラワーファシリテーターの喜び

活動紹介


~フラワーファシリテーターの喜び~

 

フラワー萌     主宰 鈴木 百合子
私は、横浜市の金沢八景で「フラワースクール フラワー萌」を主宰し、2012年夏に指導員資格取得後、同年秋からFF養成講座を開講し現在までに20人以上のFFさんを育てて参りました。
修了生の皆さんは、現在、FLS協会から紹介を頂いた施設やフラワー萌が独自に開拓した高齢者施設でFF活動を展開しています。その中でも平成25年4月から4年にわたって、FF活動をさせて頂いている施設で得られた感動的な出来事を皆さまに紹介したいと思います。
今回ご紹介する方は、FAP開始から毎月必ず楽しみに参加されているAさんです。
FAP開始当初は“要介護4”の認定を受けられていましたが、今年の5月には“要支援2”に回復されたと伝えられました。ご本人からは『私は3年間、毎月のお花の会に楽しく参加した事により、お花の力で良くなり鈴木先生のおかげです。』とお礼の言葉を頂きました。
最初の頃はFFが器を回しながら花を挿す位置を確認して、制作していくという手順でしたが、最近では独力で完成させ、デザインも素晴らしいです。植物が本当に好きな方で、花が枯れた後に残った〔葉〕をコップなどに活けて毎日水を取り替え、根が出るのを楽しみにされています。
このような話を聞くと、山根先生が講義の中でお話しされていたことを思い出します。
この感動は、FFをやっていたからこそ体験できました。
これからもFAP参加者様の回復が生じることを願って、楽しく活躍することが、私の生きがいです。

 

 

このページの先頭へ