ホーム資格認定フラワーファシリテーターの活動アズハイム大泉学園へ

資格認定

  • フラワーファシリテーター
  • FAPとは
  • フラワーファシリテーターの活動
  • 装花技能士
  • 装花ディレクター
協会へのお問い合わせはこちら

フラワーファシリテーターの活動

2018.11.01

アズハイム大泉学園へ

活動紹介

ケアスタッフの加藤祐子様

~アズハイム大泉学園へ~
 フラワーファシリテ―タ―  花田 純子

私は、アズハイム大泉学園で行われているフラワーアレンジ・アクティビティーを見学させていただきました。
アクティビティーを案内して下さったのは、勤続10年、FF資格取得もされたケアスタッフの加藤祐子様(写真)です。
日比谷花壇から届いた四季折々の花を使い、参加者様10名とFF4名でフラワーアレンジをつくり、介護予防に役立てていらっしゃいます。
フラワーアレンジ・アクティビティーは、参加者様のコミニュケーション能力を高め、楽しく負担にならずに手を使う知的活動の時間です。
今回の花材では、アルストロメリアの花の向きに苦労されながらも、出来あがった作品に、達成感の喜びを感じられ、そばで付き添うご家族様の顔からも笑顔がこぼれてきます。
また、驚いたことは、「前回の花が、きょうも元気に育っています。」と話され、ローズゼラニュームの入った花器を私に見せに来て下さった参加者様がいらっしった事です。花の様子を気にかけられ、水をあげ、育て咲かす事で、自分が花の命のために役に立っている充実感を得て下さっているご様子でした。
最後に、加藤様のお好きな花の名は、カサブランカ(ユリ)だと伺い、カサブランカが、聖母マリア様のお乳がこぼれて咲いた花という言い伝えがある事を思い出し、加藤様の皆様への優しさが重なります。
アズハイム大泉学園は、日々、入居者様の健康と心に寄り添い、細やかな気遣いをなさっていると肌で感じることが出来ました。                        
  

このページの先頭へ