ホーム資格認定フラワーファシリテーターの活動

資格認定

  • フラワーファシリテーター
  • FAPとは
  • フラワーファシリテーターの活動
  • 活動実績
  • 装花技能士
  • 装花ディレクター
協会へのお問い合わせはこちら

資格認定

フラワーファシリテーターの活動

フラワーファシリテーターの喜び

~フラワーファシリテーターの喜び~

 

フラワー萌     主宰 鈴木 百合子
私は、横浜市の金沢八景で「フラワースクール フラワー萌」を主宰し、2012年夏に指導員資格取得後、同年秋からFF養成講座を開講し現在までに20人以上のFFさんを育てて参りました。
修了生の皆さんは、現在、FLS協会から紹介を頂いた施設やフラワー萌が独自に開拓した高齢者施設でFF活動を展開しています。その中でも平成25年4月から4年にわたって、FF活動をさせて頂いている施設で得られた感動的な出来事を皆さまに紹介したいと思います。
今回ご紹介する方は、FAP開始から毎月必ず楽しみに参加されているAさんです。
FAP開始当初は“要介護4”の認定を受けられていましたが、今年の5月には“要支援2”に回復されたと伝えられました。ご本人からは『私は3年間、毎月のお花の会に楽しく参加した事により、お花の力で良くなり鈴木先生のおかげです。』とお礼の言葉を頂きました。
最初の頃はFFが器を回しながら花を挿す位置を確認して、制作していくという手順でしたが、最近では独力で完成させ、デザインも素晴らしいです。植物が本当に好きな方で、花が枯れた後に残った〔葉〕をコップなどに活けて毎日水を取り替え、根が出るのを楽しみにされています。
このような話を聞くと、山根先生が講義の中でお話しされていたことを思い出します。
この感動は、FFをやっていたからこそ体験できました。
これからもFAP参加者様の回復が生じることを願って、楽しく活躍することが、私の生きがいです。

 

 

湘南エリアのフラワーファシリテーターの活躍

~湘南エリアのフラワーファシリテーターの活躍~

フラワースクールDu 主宰 原口 和子
私は、2012年春にフラワーファシリテーター(FF)の資格を取得し、直後に開講されたFF指導員養成講座も続けて受講し、同年の夏には指導員資格を取得しました。

もともと神奈川県藤沢の地でヒビヤフラワーアカデミー登録教室を主宰しておりましたが、私がFFの活動を通じてお年寄りの皆さまから感じ取ったこと、お花の果てしない可能性を、もっと多くの人に伝えて、ここ湘南の地に仲間を増やしたいという気持ちから、自校の生徒や卒業生に案内することから活動をスタートさせました。
2012年秋にFF養成講座を開設し、早いもので4年が過ぎましたが、その間、30名以上の修了生を担当させていただきました。開設当時は、ご家族に認知症の方や介護を必要とする方がおられるなど身近にその必要性を感じ受講される方が半数で、そのほかには好きなお花の輪を広げるボランティア活動に携わりたいという方の受講でしたが、最近では、高齢者施設に勤務される方がFAPに関心を持たれて、お申し込みをされることが目立ちます。
実習の際も高齢者への接し方、施設スタッフへの対応、個人情報の扱い方にいたるまで、きびきびとした姿勢が伺え頼もしい限りです。資格取得後は、その方の施設での活動が始まり、現在では他のFFが参加をするという好循環も生まれています。
私の教室ではFFの皆さんの向上心、チームワークとしての協調性、また花に対する知識、技術力を磨くために隔月で研究会を開催していますが、この活動の鍵は、高齢者に寄り添うのはもちろんのこと、FFの一人一人がお互いに寄り添い合うこと、これが基本と切に思います。
これからも湘南エリアでのFFさんの活躍にご期待ください。

 

 

母の日イベント報告

西新井母の日コンサート2

西新井母の日コンサート1母の日イベント報告
 多世代交流型フラワーアレンジメントワークショップ
2017年5月12・13日、グレイプスガーデン西新井大師

開業3年目を迎えたグレイプスガーデン西新井大師では、近隣の保育園のご協力により、園児17名、ご入居参加者19名、保育士3名、FFスタッフ5名で、翌日の「母の日コンサート」の会場装花を作り会場を盛り上げました。
フラワーアレンジメントが自身の趣味活動としてでなく、会場装花を目的とする「みんなのために役立つこと」という利他的動機形成に貢献できたものと思います。
このような利他的活動は、個々人の社会性を高め「入居者同士の絆」と発展し、サービス付き高齢者住宅ならではの文化を育み、目に見えない「居心地の良さ」として大きな差別化につながっていくことができると期待できます。
1日目は生花を使って装花制作、2日目の「母の日コンサート」では協力して下さった園児さんが、ご家族を連れだってグレイプスガーデン西新井大師に訪問して下さるなど、コンサートお開きの場面では、全員で「故郷」の大合唱となりました。
多世代交流型フラワーアレンジメントワークショップ
は、地域活性化の事業を展開をしています。         事業局長 武山直義

第2回『フラワーデザインスキルアップセミナー』レポート

ご案内しておりました、3/18(土)東京、3/20(月)大阪の『フラワーデザインスキルアップセミナーVol.2』はお陰様で盛況の内に無事、終えることができました。

ご参加いただいた皆様にはこの場をお借りして運営スタッフ一同、改めて御礼申し上げます。

今回のセミナーでは「わずかな主張度合いの可愛らしい春の小花を集めた、交差のデザイン。」と題して、まさに春のこの季節にしか手に入らない、やわらかで優しい雰囲気を持った花々を集めたアレンジメントを制作していただきました。

参加者の皆さまは、繊細でしなやかな茎の曲がりを生かしつつ思い思いのデザインを楽しまれていらっしゃるご様子でした。
会場内に設けたフォトスポットでは、皆さん完成後の作品を撮影されていらっしゃいましたが、交差のデザインによる立体造形にスポットライが当たることで、木漏れ日の中に可憐な花が咲き乱れている様子に驚かれ、感動されていました。

参加された皆さまからは次回の開催を望む声をたくさんいただきました。これからも楽しいセミナーを企画して参りますので、楽しみにお待ちください。

今回、残念ながら日程の都合でご参加いただけなかった皆様も次回開催を楽しみにお待ちください。    スタッフ一同

~今回のセミナー講師を担当頂いた樹所先生からのメッセージ~

セミナー開催からはや数日が過ぎ、一段と春を感じる陽気になりました。 受講生の皆様 この度は、誠に有難うございました。

季節の移ろいとともに 今後も様々なテーマをご提案させて頂ければ幸いです。
またお会いできる日を楽しみにしております。


2017年3月吉日 桜色に染まりつつある東京にて
樹所 謙

レッスン風景(東京)
IMG_20170318_135149


IMG_20170318_135049

IMG_20170318_140522

IMG_20170318_144231


レッスン風景(大阪)
DSC_0020

DSC_0015

DSC_0027

FLS協会主催のセミナーのご案内

当FLS協会が主催する第二回のセミナー日程が決定致しましたのでご案内させていただきます。

お陰様で昨年9月の第一回のセミナーでは大変多くの方に参加をいただき活気にあふれたセミナーを開催することができました。

さて、今回のセミナーでは、前回に引き続き日比谷花壇の樹所先生を講師にお招きしたセミナーを開催いたします。

また、前回は東京開催のみであったことから関西圏の樹所先生ファン皆さまからも大阪開催を嘱望される声を頂いておりましたので、そのお声にお応えして東京、大阪で開催致します。

今回は春ならではの可愛らしい小花を集めた交差状のデザインを制作します。樹所先生ならではの独自の感性や、花の魅力を最大限に引き出すテクニックに触れる良い機会になると思いますので、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

ご案内がギリギリになりましたが、現在、中国を中心に活躍中されている樹所先生の久々の帰国の合間を縫って日程を組んでいただきました。
decorativemodern_170228