ホーム花のチカラ、緑のチカラ緊張を緩和する効果

国産花きイノベーション推進事業

  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • フラワーアレンジメント活動に関する効能について
  • 花の香りに関する効用について
  • 観葉植物の効用について
  • 緑の効用について
  • イノベーション推進事業
  • 文献調査
  • アンケート調査  高齢者施設ご利用者の声
  • アンケート調査 高齢者施設運営者の声
  • 検証実験
  • 臨床実証
  • まとめ
協会へのお問い合わせはこちら

花のチカラ、緑のチカラ

緑の景観の効用について

緑には緊張を緩和する効果があります。歯科医の診療室、聞いただけで緊張が 高まります。この診察室に植物を置くことで緊張感が緩和されるかどうか…?
これを生理学的に検証した実験があります。

診察室に植物がない状態よりも、観葉植物や切り花、ハーブを置いた状態で RPP(注1)値が平均で最大1200(注2)下がりました。
 

(注1)RPP値とは心拍数と最高血圧をかけあわせた値で緊張している状態では高い値になります。
(注2)この値は血圧において40、心拍数において30程度の値の減少があったと考えられます。この減少は、高齢者が38度で入浴したとき、心負荷が軽減されて示す値に近いものです。

緑の景観
【参考文献】

水庭 千鶴子, 阿藤 舞, 近藤 三雄. 緑化が被験者に与える緊張感の変化 歯科医診療室を事例として. 東京農業大学農学集報,53:184-188.2008

このページの先頭へ