ホーム花のチカラ、緑のチカラフラワーアレンジメント活動はストレスを軽減し、仲間を作る!

国産花きイノベーション推進事業

  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • フラワーアレンジメント活動に関する効能について
  • 花の香りに関する効用について
  • 観葉植物の効用について
  • 緑の効用について
  • イノベーション推進事業
  • 文献調査
  • アンケート調査  高齢者施設ご利用者の声
  • アンケート調査 高齢者施設運営者の声
  • 検証実験
  • 臨床実証
  • まとめ
協会へのお問い合わせはこちら

花のチカラ、緑のチカラ

フラワーアレンジメント活動はストレスを軽減し、仲間を作る!

■ストレス軽減の効果
フラワーアレンジメント活動の参加者の唾液中のストレスホルモン(コルチゾール)を測定したところ、活動の前後でその値が28.2%下がることが確認されました。(図1)
これは、緊張が緩和し気分がくつろぐというストレス軽減効果が生まれることを意味しています。また参加者へのアンケートでは「喜ばしい」「自信が持てる」「誇りに思う」などの項目でプラスの変化があったことが認められています。

■社会性が向上する効果
フラワーアレンジメントはグループのレクリエーション活動として継続してゆくことで、参加者どうしが作品を通じてお互いに関心を持ちあい、会話を楽しむようになるなど、しだいにコミュニケーションが活発になっていきます。このことは、参加者の社会性を向上させることにつながり、不安感を抑え、意欲を生み出すことに効果があると考えられています。

花とかかわり、人と交わる。

それは楽しみの中で達成感や自信を生み出し、社会性を高めることであり、暮らしの質(QOL)の向上に効果を生むこととして期待がもたれています。

・右のグラフ(図2)は30歳代~50歳代の身体に障害を持つ7名の被験者を対象に7年間にわたって述べ75回のフラワーアレンジメントを実施した研究活動の結果、個々人のコミュニケーション力の変化を表したものです。
・評価は各種作業力、コミュニケーション能力など41項目について1(最大の手助けが必要)~5(一人でできる)の5段階で点数化した内、社会的相互作用に関する項目を点数化したものです。

【参考文献】
・白井 はる奈(佛教大学 保健医療技術学部作業療法学科), 白井 壯一, 広崎 真弓, 大平 哲也, 望月 聡, 武山 直義, 松林 潤, 山根 寛/「地域在住の中高年成人に対するフラワーアレンジメントの介入効果 心理面の変化と唾液中コルチゾール値に着目して」/保健医療技術学部論集(1881-3259)6号 Page11-21(2012.03)
・柴谷 郁子(甲子園短期大学 家政学科)/「フラワーアレンジメント活動による身体障害者療護施設入居者の生活の質(QOL)の向上について」/人間・植物関係学会雑誌 5(2),31-37,2006-03-31
・Hyunju Jo, Susan Rodiek, Eijiro Fujii, Yoshifumi Miyazaki, Bum-Jin Park, and Seoung-Won Ann/REPORTS - Marketing and Economics Physiological and Psychological Response to Floral Scent/HortScience January 2013 48:82-88
・Alfredo Pereira, Jr. and Maria Alice Ornellas Pereira/The Flower Workshop in Psychosocial Rehabilitation:A Pilot Study/Mental Health Nursing, 30:47–50, 2009
このページの先頭へ